WEB, IT豆知識.

ビデオ会議をやったことありますか?
パソコンやスマートフォンでのテレビ電話です。

複数人の会議を無料でできるツールは
GoogleのSNSであるGoogle+の中にある機能
「ハングアウト」というものが現在の定番でしょうか。

ビジネスマン向けのIT利活用の勉強会であるIT利活用の会でこれを活用しようということで
先日テストをしてみました。

ハングアウトは何度か使ってみたことがあるのですが、
テストの目的としては最近付け加えられた新機能、ハングアウト・オンエアーの調査です。

これはUstreamのように、ビデオ会議に参加していない不特定多数の人に対して
会議の内容を配信できるというもの。
つまり、出演者が遠隔地にしてもオンラインでつないで番組作りができます。

これがどのくらい実用性のあるものかを確かめてみました。
以下、結果を簡単に箇条書き

・オンエアーの場合はホスト役の人は事前に携帯メールアドレスの認証が必要(私は上手くいかず)
・ハングアウトでつながった状態で配信ボタンを押してから配信開始(事前に配信前の打ち合わせ可能)
・メインの大きい画面と、その下に参加者それぞれの画面が表示
・標準状態では話している/動きがある人が自動でメイン画面に映る。手動での選択も可。
・ハングアウトの自分のカメラは左右反転になっている。バグかと思ったけど鏡と同じようにする仕様?相手先や配信では普通。
・非参加者が見る配信画面はyoutubeのページ
・配信終了後は内容がyoutubeに自動的にアップされる
・途中でハングアウトのエラーで一度落ちてしまった
・録画分は26分だったけどyoutubeにも無事アップ。
・会議中/配信中でも設定画面でカメラを切り替えることが可能
・manycamなどのバーチャルカメラも使えたのでデスクトップ配信・プレゼン配信も工夫すれば可能

かなり使えそうなので、引き続き調査・実施をしてノウハウを蓄積します。
ハヤブクなどの読書勉強会もこれでできそう。
場合によってはそれを配信することも可能です。

次回の勉強会ではこのハングアウトや、Facebookでの1対1のテレビ電話を取り上げるつもりなので
興味のある人はIT利活用の会に「いいね」を押して
情報を取得するようにしてください。

広島ブログ

このブログeshima.info(えしまドットインフォ)は
ビジネスやマーケティング、IT活用の記事を書いています。
ブログ購読はこちらのページをご覧ください。


Comments are closed.