オモ汁, 読書.

この本から。

オフィス研究所の人が
良いオフィスについて色々と書いている本です。

その中で少しだけ紹介されていたことで
面白いものがありました。

あるオフィスにはトイレに本棚があり
ギャグ漫画家の漫画がたくさん置かれているのだそうです。

結果、そのスタッフはみんなその本を読んでいて
なおかつお互いが読んでいることを認識している状況にあります。

すると会議の時にはその漫画の内容を引き合いに出して話をしたりが
成り立つというのです。

これはすごく連帯感というか一体感が
強くなる工夫だなと関心しました。
狙ってやっているのかはわかりませんが。

世代で言うと、子供の頃に見ていたもの
例えば「ドラゴンボール」とかは同世代男子の共通項として話ができますし
そこで話が通じると嬉しかったりします。

それを意図的に作ることもできるんですね。
面白いです。
漫画というのが読むハードルも低くてちょうど良さそうです。

自分のオフィスに漫画を置くならどんなのが良いでしょうか?

広島ブログ

このブログeshima.info(えしまドットインフォ)は
ビジネスやマーケティング、IT活用の記事を書いています。
ブログ購読はこちらのページをご覧ください。


Comments are closed.