子供, 読書.

3日連続ですがこの本から。

時代の変化が激しくなっている現代ですので
子どもが大きくなった時の社会環境を予想することは難しい。
しかし、子どもには幸せに生きていって欲しい。

ということから、需要が変わりやすい表面的なスキルではなく
普遍的で根本的な力を子どもに与えてあげたいと思っていました。

では、具体的にそれは何か?ということになります。

昨年くらいには「読書」かなと思っていました。
インプットだけではなくアウトプットの環境を作ることも大切ですが。
これ以上根本的なものはないな、と。

しかしこの本を読んで「集中力」ということを考えると
こっちの方が根本的ですね。

「集中力」があればスポーツでも学問でもビジネスでも
どんな世界でもやっていけそう。
まさにサバイバル能力です。

集中力の育て方なんて考えたこともありませんでしたが
この本を読むと、子どもが遊びの中で自然と入るフローを邪魔しない、
ということなのでそれはできる限り実践していきます。

広島ブログ

このブログeshima.info(えしまドットインフォ)は
ビジネスやマーケティング、IT活用の記事を書いています。
ブログ購読はこちらのページをご覧ください。


Comments are closed.