ビジネス, 真面目に考える.

スタバにて。

仕事仲間の人とコーヒー飲みながら話をしていました。

お互いの仕事の話になった時に
今やっていること、今後やりたいことなどについて説明をしました。

そこでつくづく感じたのは
自分では自分の仕事はわかっているように思えるけど
実際には見えてないことも多いんだなということ。

特に今後のことについては不確定なことも多く
説明をしながら自分でもおかしいなと思うことも出てきます。

こういうことをしてこんな人に価値を提供したらこうなって、
という流れを説明していると
それって価値を届ける相手にマッチしていないとわかったり。

考えていたいくつかの施策がことごとく不適切だと判明し、
逆に今何をすべきかもたくさん見えてきました。

やってみて失敗する、ということが必要なこともありますが
事前に非効率、低確率が判明していたら
他のことにチャレンジした方が良いですよね。

長期的に考えるとかなりの無駄を省けたと思います。

どんなに頑張っても自分を客観視するには限界があります。
人に話をして、叩かれて修正するというのは大切ですね。

広島ブログ

このブログeshima.info(えしまドットインフォ)は
ビジネスやマーケティング、IT活用の記事を書いています。
ブログ購読はこちらのページをご覧ください。


Comments are closed.