WEB, マーケティング.

LINEの各種サービスについて。

メッセージアプリとして
現段階では不動の地位を確立したLINEですが
それを活かした各種ビジネスサービスがあります。

その一つがLINE公式アカウントというサービス。
友達になったアカウントにクーポンなどの情報を流せるというものです。

ドラッグストアのレシートにも
LINE公式アカウントの案内がQRコードと共に出ていました。

lineofficialaccount

しかしこの公式アカウントは
1000万円単位で費用がかかってしまいます。
ある程度の規模以上の企業でないと活用することは難しいでしょう。

一方、公式アカウントと似たような仕組みで
LINE@というサービスがあります。
こちらは店舗向けのサービス。

LINE@ | LINEで集客してリピーターを獲得!店舗のホームページ作成が無料

なんと費用は無料です。

ただし無料には条件があり、
つながれる友達数は1万人までで
送信できるメッセージは月に1回まで。

とはいえ小・中規模のお店なら充分ではないでしょうか。
常連のお客さんに対して毎月何かしらのアプローチを行うことができます。

どんな情報を送るかはお店の戦略次第だと思いますが
工夫次第では大きな効果が見込めそうです。

あくまでも店舗が対象であり
店舗がない会社などは不可とのことなので
お店をやっている方は試してみてはいかがでしょうか。

僕もどんなものかやってみたいです。
知っているお店に、登録した上で
色々と試させてもらえないか頼んでみます。

広島ブログ

このブログeshima.info(えしまドットインフォ)は
ビジネスやマーケティング、IT活用の記事を書いています。
ブログ購読はこちらのページをご覧ください。


Comments are closed.