オモ汁, 読書.

広島読書勉強会ハヤブクで紹介してもらったこの本から。
僕は未読です。

東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方
上田 正仁
ブックマン社
売り上げランキング: 30,559

紹介してもらったのは「キュリオシティ・ドリブン」。
みんな聞き覚えのない言葉で、
その日の勉強会のヒットワードになりました。

キュリオシティ・ドリブンとは、
ゴールとは関係無いようなことでも
好奇心の向くままに寄り道をしながら進むアプローチとのこと。

大局にあるのがゴール・オリエンテッドで
目標から逆算して、一気に最短距離を目指すというアプローチ。

書籍内では、一見非効率に見えるキュリオシティ・ドリブンの方が
結果的に偉業に辿り着く、という展開だったそうです。

これ、目標設定関係の本を乱読していた時にも
一部の書籍で出てきました。

多くの本は、大きな目標を分解して
日付を入れて日々進んでいくという
ゴールオリエンテッド手法のハウツーが書いてありました。

ごくわずかに、このキュリオシティ・ドリブン的に
興味や好奇心が大事、とあります。

成功者のストーリーなどでも
ゴールオリエンテッド的なものは非常にわかりやすく
「努力」などをベースに美談として語られやすいです。

一方、キュリオシティ・ドリブンは
偶然などの不確定要素が強く
そのケースだけの一般化できない方法と考えられがちです。

しかし、自分で起業してやってきた経緯を考えても
予想外のところから発展して次につながるというものが多く
ビジネスをする上で偶然の要素の大きさを実感しています。

そして、キュリオシティ・ドリブン的な形でやってきていますが
そのおかげで色んなことができているという感覚もあるので
直感としてはすごく納得できます。

面白く仕事をしていく、ということを考えると
成果だけではなくプロセスも非常に大切なので
自分や周囲の仕事はキュリオシティ・ドリブンを常に意識しようと感じました。

広島ブログ

このブログeshima.info(えしまドットインフォ)は
ビジネスやマーケティング、IT活用の記事を書いています。
ブログ購読はこちらのページをご覧ください。


Comments are closed.