ニュース, ビジネス.

この記事は最近のヒットでした。

Googleが社員の健康づくりに取り組む理由 – ログミー

食事、料理、運動について書いてあるんですが
この中で注目したのは「食事のタイミング」についての話。

NASAの研究によると、
血糖値が低下すると集中力や
クリエイティビティも落ちるとのこと。

血糖値を一定に保つためには
「3、4時間おきに何か食べる」

逆に、血糖値が低下するのは
・急激に上がったら、その後低下してしまう
・上がるのは甘いものやエナジードリンク
・空腹になりすぎると、食後に一気に上がる

ということで、これらは避けるべき。

これに思い当たることがありました。

最近、生活リズムを変更したのですが
その結果、昼食を13時ごろに食べていました。

ただ、午後から集中できないことも多かったのです。
疲れていたりリズムの変化に
まだ慣れていないんだろうと思ってました。

しかし前述の内容を考えると
朝食から昼食までの時間がかなり長く、
かなり空腹状態で昼食を摂っていました。

これにより急激に血糖値が上がり
食後は逆に一気に下るという
集中できないリズムになっていたようです。

そこで、11時ごろに軽く食べて、
その分減らした昼食を13時から14時ごろに
食べるように変更してみました。

まだやり始めたばかりですが、
以前よりも調子が良いように感じています。

しばらく継続してみるので、
また報告しますね。

広島ブログ

このブログeshima.info(えしまドットインフォ)は
ビジネスやマーケティング、IT活用の記事を書いています。
ブログ購読はこちらのページをご覧ください。


Comments are closed.