IT仕事術, 読書.

ドラッカー飲み会で持って行ったのがこの本。

まずやるべきこととして書いてあるのが
「汝の時間を知れ」
ということで、普段やっている仕事の時間計測です。

自分が何にどのくらい時間を使っているかというのは、
それぞれが把握しているような感覚を持っているかと思いますが
それは驚くほど当てにならないとのこと。

多くのエグゼクティブが時間計測を実践したところ
それまで思っていたのとは全く違う時間の使い方をしていたことが
初めてわかったとのこと。

ということで、ぼくも実践してみようと。

仕事柄、かなりの時間がネットのブラウザを開いて作業をしています。
そこでまずは、その時間を計測できるものを探して
見つけたのがこちら。

WasteNoTime – Chrome ウェブストア

メインで使っているブラウザ、Google Chromeに機能追加するもので
これを入れておくと、毎日どのサイトに時間を使っているのかが
上位10位など指定数表示することができます。

これはとりあえず入れておくだけで
計測のために新たにアクションを起こす必要がないので楽です。

仕事のサイトを見ている時間が長いと、
よしよし仕事しているな、というのがわかります。

ただこれだとブラウザを使っているものしかわかりませんが、
最近はメモだったりエクセル的なものもブラウザ経由のクラウドで処理できますし、
そういう環境を整えたらこれだけで仕事時間の計測がかなりのレベルでできる可能性もあるかもしれません。

時間計測のやり方はスマホのアプリを使ったものや
ウェアラブルデバイスを使うものなどたくさんあると思いますが、
しばらく色んなツールや運用方法を試してみます。

広島ブログ

このブログeshima.info(えしまドットインフォ)は
ビジネスやマーケティング、IT活用の記事を書いています。
ブログ購読はこちらのページをご覧ください。


Comments are closed.