ビジネス, 読書.

この本から。

仕事のステージを上げていくには
本人の努力は当然として、
誰かから引き上げてもらう必要がある。

そのためには、偶然を待つのではなく
引き上げてもらいやすい環境を
意識的に作っていく必要がある。

という本でした。

この中で注目したのが「タグ付け」という考え方。

自分が何者かというのを相手にわかりやすくするために
いくつもの「タグ」を自分で設定し、アピールしていくことが大事と。

わかりやすいところでいうと「何屋」という専門のアピールですが
それ以外でも趣味や夢などを組み合わせて
その場その場で必要なタグを出していくとのことです。

これは僕も結構昔から悩んでいる部分であり
ネット周りで色々と幅広く仕事をしているために
具体的に何をしている人なのかが非常にわかりにくいです。

しかし改めて、人にわかってもらう大切さを認識して
ちゃんと時間をかけて考える必要があることを感じました。

そしてタグ付けに関して重要なのは、
自分のタグのどの部分が相手に刺さるのかは
自分では非常にわかりづらいということ。

色んなタグを色んな場で出してみて
相手の反応を見ながら客観的な評価を確認して
調整していくことが大切とのこと。

ということで、色々とやってみることが重要ですね。
今年は普段行かないような場にも
顔を出してみようと思います。

広島ブログ

このブログeshima.info(えしまドットインフォ)は
ビジネスやマーケティング、IT活用の記事を書いています。
ブログ購読はこちらのページをご覧ください。


Comments are closed.