ビジネス, マレーシア.

マレーシアで泊まらせてもらったのは
リタイヤ後に東京から移住された方のお家でした。

通常の宿泊以上のお世話になったので、
お礼にスマホやパソコン関係のわからないこと、
便利なことを色々とお伝えしました。

そこで伺ったニーズについて。

海外移住生活にはITは非常に便利です。
通常の旅行でも使うような内容に加え、
生活にも欠かせません。

現在は、銀行などの手続きもほとんどオンラインで行えますし
非常に便利な時代になりました。

年金の受け取りだったりチケットの手配、
日本の友人とのやり取りなどは
全部ネットで行います。

しかし、上手く行っているときは良いですが
何かトラブルが発生した時には非常に困るそうです。

使っているソフトも日本のものが多く現地の人はわかりませんし、
そういうことを教えてくれる人、聞けるお店なども無いそうです。

最低限生活に必要なことは日本で覚えてから行きますが、
その内容が変わった時、それ以外の新しいものなどについては
ついていけなくなるんだとか。

マレーシアはリタイヤ後の移住先として人気の国ですし、
移住者向けのサービスはかなり充実しているものと思っていました。
でも生活に必須のIT系に関してはまだまだ整備されていないようです。

ビジネス的に解決できないかとも思い聞いてみたのですが、
リタイヤ組はそれほど資金に余裕があるわけでもないので
高額の料金は支払うことはできないとのこと。

日本からのリモートと、たまに現地訪問するような形で
サポート体制が作れないものかと試算してみましたが
ペイするのはかなり難しそうです。

ITが良くわからない人に対しての
リモートでのサポートというのは非常に手がかかるので
どうしてもコストが高くなってしまうんですよね。

そして現地に行くにも物理的に遠いので
それはそれでコストがかかります。

それでいて割高の報酬が得られないということなら、
環境が整っていないのも納得です。

ただ、困っている人は多そうなので
なんとか解決できたらいいんですけどね。

直接的な報酬モデルでは実現は難しそうなので
何か別のところに結びつけるようなもので
なんとかならないかと模索中です。

広島ブログ

このブログeshima.info(えしまドットインフォ)は
ビジネスやマーケティング、IT活用の記事を書いています。
ブログ購読はこちらのページをご覧ください。


Comments are closed.