勉強会, 読書.

読書勉強会ハヤブクの話。

メインは朝に実施していますが、
その朝会ではカフェを利用させてもらっています。

場所的に12名分しかひとまとまりで座れないので
その人数を上限としています。

とはいえ満員になることはあまりなく、
また初参加の方は本の紹介はせず見学にしてもらっているので
余裕を持って運営できていました。

しかし先週開催した時には
12名満員の上に初参加の方がおらず、
全員が本の紹介をすることに。

時間は90分です。
12人が本の紹介となると、かなりの時間がかかるので
ちょっと不安でした。

やってみて全然時間が足りないということであれば
そもそもの参加上限を減らす必要もあるかなと。

しかし、結果的には全員が発表したところで時間ぴったり。
それも極端な時間の差もなく、バランスよく皆さんに話をしていただきました。

皆さん、その時の参加者が多い少ないに合わせて
紹介の時間も調整してくれてるんですよね。
12人でそれができるのには驚きました。

そうなると、無理のない形で自分以外の11人の方から
本の紹介をしてもらえることになり、
かなりの情報を一気にもらえることになります。

読書勉強会は本の中身の情報だけではなく
それを読んだ背景なども合わせて教えてもらえるので
単に自分が読む以上のものを得ることができます。

毎回ちょうどよくできる時ばかりではないでしょうが、
今回を成功事例として今後もやっていきます。

広島ブログ

このブログeshima.info(えしまドットインフォ)は
ビジネスやマーケティング、IT活用の記事を書いています。
ブログ購読はこちらのページをご覧ください。


Comments are closed.