マーケティング, 読書.

この本から。

電通が、高齢者に対するマーケティングデータについて
まとめたものです。

どの年代にも言えることですが、
ざっくりと「高齢者」と分類するのではなく
その内訳をもっと細かく考える必要があります。

年齢、世代、年代でも違うし
性格やライフスタイルでも
購買行動はかなり変わってきます。

興味深かったのは
加齢による変化に供給側が対応すべきという部分。

店舗でいうと、腰が曲がると目線が下がるため
高い所にあるPOPや商品は無いと同じになる。

日用品は「今までと同じ」を好むため
ブランドスイッチが非常に起こりづらい。

説明書きがしてあっても読まないので
極端にまでわかりやすさを追求することが必要。

などなど。
高齢者を想定したマーケティングを考える時に
大量の施策メモを作ることができました。

あくまで「今」の分析をしている本です。
2014年12月発行なのでしばらく大丈夫ですが
賞味期限のある本でしょう。

とはいえ、数年以内なら重宝すると思うので
違う視点を与えてくれることを期待して
たまに見なおしてみます。

広島ブログ

このブログeshima.info(えしまドットインフォ)は
ビジネスやマーケティング、IT活用の記事を書いています。
ブログ購読はこちらのページをご覧ください。


Comments are closed.