Posted by & filed under 秘密基地.

広島市内でも何度か雪が振りましたね。

山間部にある秘密基地は、それなりに雪の多い場所なので
作りかけの山小屋が潰れていないか心配で
一度、見に行ってきました。

屋根がまだできあがっていないのでブルーシートでカバーしています。
以前、風で飛ばされて外れていたので心配していましたが
なんとか残っていました。

そして建物自体が雪に潰されないかも不安でしたが
無事に耐えていたのでひと安心。

となりにテントを張っていたのですが、
荷物は運び出して中がカラの状態にした上で
どうなるかテストとしてそのままに。

旧式の、重たいスチールの頑丈なパイプのものでしたが
雪の重さに耐えられずぐにゃりと曲がって潰れてしまっていました。
それよりは頑丈な小屋に仕上がっているようです。

かなり雪が降りましたがそれを乗り越えたので、
ひとまず安心です。
春になったら屋根と壁を作らねば。

Posted by & filed under マーケティング.

先日妻と息子が東京に遊びに行き、
子どもがいろんな職業を疑似体験できる
キッザニアに遊びにいったそうです。

そこで警察官や消防士などになりきったそうなのですが
そこには銀行もあり疑似通貨を預金することもできるんだとか。

写真を見ましたが、三井住友銀行が入っていて
キャッシュカードやそれを入れる入れ物なども
かなりちゃんとしたものでした。

数ある銀行の中で自社を選んでもらうというのは難しいところですが
子供の頃から「自分の銀行」として認識してもらうことができれば
大人になってからもそのまま使い続けることは充分考えられます。

それだけに、おそらくはかなりの金額を払って出店しているんでしょうが
それでもプラスになると見込んでのことなんでしょうね。
実際、効果はかなりあると思います。

他にもナショナルブランドの企業がたくさん入っているようですが
よくできた仕組みだと感心しました。

Posted by & filed under IT仕事術.

チーム内でデータの管理をするシステム・サービスを探しています。

小さなデータならDropboxやGoogle Driveでできますが、
データが大きくなると難しくなります。

また、業務において常にそのデータが必要なわけではなく、
必要な時にだけ使う人がそのデータをダウンロードして使う仕組み。
その場合はダウンロード申請→ダウンロード及び管理者に報告メール、みたいなのがいいかな。

需要はありそうな気はするんですが
探してみると見当たらないです。
何か良いものがあれば教えてください。

なければ自前で作るしかないかな。

Posted by & filed under IT豆知識.

先日あるお店で飲み会をして
何人かの方に場所などを事前連絡しました。

地図のあるURLをお伝えしたのですが
そうではなく直接店舗名で検索された方がいました。

お店を出た後で聞いたのですが
そのお店は最近食中毒を出してしまったんだとか。

それがなぜわかったかというと、
店舗名を検索窓に入力した時点で
オススメ検索ワードとして自動的に「食中毒」と出てきたんだそうです。

ニュースになったことで、その組み合わせで検索する人が
急増したんでしょうね。
それを検索エンジンが認識していて、オススメで出したと。

検索窓でニュースの存在を知るというもの
今の時代ならではですね。

Posted by & filed under IT豆知識.

先日の大雪の週末。

家族での外出予定がありましたが
雪の中で頑張っていくほどのものでもなかったので中止にし、
その日は家にいることにしました。

午前中は雪だるまを作ったりで遊びましたが
さすがに1日中とはいかず、
午後は家の中でのんびりすることに。

急なことだったので何も準備していなかったのですが
以前書いたこのエントリを思い出しました。

Youtubeで映画レンタルができる | eshima.info

そういえばYoutubeで映画を単体でレンタルできるということで
子どもも大人も楽しめそうな映画を探したところ、
ディズニーアニメのズートピアが良さそうだったので決定。

ズートピア (吹替版) – YouTube

購入するといつでも見れるようになるようですがそれは不要なので
レンタルにしました。
48時間以内に見る必要があります。

画質はSDとHDが選べ、SDが400円、HDが500円。
SDを買ってみましたが全く不満のないレベルだったので
今後もSDで充分かなと思います。

最初、TVにつないであるラズベリーパイからつなごうとしたもののエラーでできず。
諦めてMacのSafariでやりましたがこちらもエラー。
Chromeにして、やっと見れるようになりました。

途中で止まったりするようなこともなく
快適に映画を見ることができました。
たまに見るくらいなら、もうこれで充分ですね。

Posted by & filed under IT仕事術.

先日飲食店での支払いの時に
カードで支払いました。

そこでサインを求められたのですが
紙ではなくタブレットの画面です。

そのお店はスマホやタブレットを使って
基本料なしで決済のできるシステム、
スクエアを導入していました。

Square (スクエア)|スマホ、タブレットでカード決済

昨年ドイツ旅行の時にどこかでタブレットでのカードサインをやった気がしますが、
たぶん日本では初めて使ったんじゃないかと。

支払いの時にカードを渡すと
タブレットにつけた端末にカードを通し、認証をします。

それが通ればタブレットの画面を客に見せ、
指で画面上にサインを求めます。

その上でメールアドレスかSMS(電話番号)を選択させ、
決済完了。
すぐにメールが届き、領収書がオンライン上で届きます。

基本的に領収書の印刷は自分でやる仕組みのようですが
「領収書必要ですか?」と聞かれたので一応もらっておきました。

後でヘルプを見ると、システム上は紙での領収書を印刷して渡す仕組みはないらしく
手書きのものを渡すことを推奨していました。
しかし、「後で自分で印刷してね」と言われたらそれはそれで大丈夫でした。

最初の店員さんにカード払いを伝えると「対応してません」と言われたことから
導入はしているものの、利用頻度はあまり高くはなさそうです。
でも、これは便利ですよね。

特に、ネット回線につながっていれば場所を選ばないので
イベント出店だったり、出かけていった先での決済にはかなり活用できそうです。

Posted by & filed under マーケティング.

先日、どこからか試供品として入浴剤のバブをもらってきました。

普段ウチでは入浴剤は使いません。
しかし、せっかくもらったからと子供とお風呂に入る時に
使ってみようということになりました。

泡が出て、お湯の色が変わるので
子どもは楽しいですよね。

それで終わりかと思っていたのですが
そうはいきませんでした。

一度その楽しさをしってしまった5歳の息子は
お風呂の度に強くバブを求めるようになり、
無いことを伝えると夜なのに今から買いに行けと大泣きするように。

それ以来、買い物にいった時もバブが切れていたら
息子が自分で覚えていて買うようになり、
毎日バブのお風呂に入っています。

試供品ひとつでまさかこんなことになるとは。
入浴剤は幼稚園児のいる家庭に配るのがいいですよ。

Posted by & filed under 勉強会.

読書勉強会ハヤブクの新年会をしてきました。
昨年末に忘年会ができなかったことを受けての新年会でしたが
恒例にしていたその年のベスト本をみんなに聞こうと思って忘れてました。

さてこの勉強会、ビジネス書ということでつながっているメンバーであり
仕事内容はバラバラで異業種交流の場でもあります。

朝の勉強会では基本ビジネス書の話ばかりをすることになりますが
飲み会ではそうはならないので面白いです。

また、仕事以外で個人的に発生している問題があったのですが
その道のプロフェッショナルな方々にアドバイスをもらったりと
非常に助かりましたし、そんな方法があるのかと専門家の知見に驚かされました。

フリートークの場というのも頻繁にあるといいですね。
今年は飲みの場を頑張ってもっと増やします。

Posted by & filed under マーケティング.

今年のお正月は妻の家族と旅行に行きました。
12月31日からの年またぎを希望していたものの
直前に探したので見つからず、元旦からの宿泊となりました。

帰りにチェックアウトをしていると、
同時にチェックアウトをしていた他のお客さんが
既に来年の予約をしていました。

こういう季節モノのイベントは
満足すれば定例化する可能性はありますよね。

お店の方も、その時に来年の予約を促すかどうかで
だいぶ変わってくるんじゃないかと思います。
年末年始は何もしなくても埋まりはするんでしょうけど。

ホテルや、お祝いなどに使うような飲食店だと
翌年同日の予約を取るというのは
オペレーションに加えておきたいですね。

Posted by & filed under ビジネス.

以前、ビジネスモデルを提供する会社が立ち上げた
ビジネス界隈の人が集う専用のバーにお邪魔しました。

一般客は入りづらいというか入れないと思いますが
バーの提供する価値の中でも「コミュニケーション」をメインと考えれば
非常に理にかなった取り組みだなと思いました。

とりあえずあの店に飲みに行けば、
何かしらのビジネス関係の人とつながることができるというのは
一般的なバーとは確実に差別化ができますよね。

まだスタートしたばかりのようですが
これからの課題としては「いついっても同じ人がいる」という状況との戦いかと思います。
いかにメンバーを流動化させるかですよね。

今後はバーやカフェに、飲食物や場所の提供に加えて
前述のような「つながり」の提供というのが重みを増していくかと思います。

それをお店単位でやるのもありですし、
もしくはお店は既存のものを利用させてもらった上で
ネット上などの別レイヤーを組みわせても実現できるかも?

イギリスのパブみたいに、個別会計で自由に出入りできるようなお店が増えたら
そんなのもやりやすくなりそうですね。

Posted by & filed under IT仕事術.

スケジュール管理はGoogleカレンダーを使っています。
行動予定だけではなく、リマインダとしても便利です。

正月明けに、そのGoogleカレンダーに
登録した覚えのない予定が入っていました。

中身を見ると、某銀行のオンラインサービスの
明細5年分をダウンロードして保管する、という
リマインドでした。

その銀行が明細を5年分しかオンラインでは保管しないという条件に対して
ダウンロード保管を忘れないように5年前に登録したタスクでした。
見覚えがなかったのは、すっかり忘れていたからです。

5年前の自分の指示をきっちりこなし、
また5年後に予定を入れました。
このくらい期間が長いとタイムカプセル気分ですね。

IT、クラウド時代なのでこんなのも簡単にできますが
昔は5年後のタスクなんてどう管理していたんですかね。
便利な時代です。

Posted by & filed under 読書.

今更ですがあけましておめでとうございます。
今年最初のブログ投稿です。

昨年後半から急激な忙しさに対応しきれず
体調を崩したりと大変でした。

そんな中で読書勉強会ハヤブクで教えてもらった
この本をこの度ようやく読めました。

医学、科学的なエビデンスをベースにして
マインドフルネスの有効性について言及した本で、
内容のほとんどはそれをわかりやすく理解するためのストーリーになっています。

マインドフルネスは瞑想のようなテクニックで
ここ最近で急速に注目を集めていることもあり気にはなっていたのですが、
どういう位置づけのものなのかがこの本で理解することができました。

その中で興味深かった部分をご紹介。

脳は体重の2%ほどの大きさにもかかわらず、全体の20%のエネルギーを使う大食漢。
さらに、この脳の消費エネルギーの60%から80%を使っているのが
DMN(デフォルト・モード・ネットワーク)という脳回路だそうです。

このDMNは車で例えるならアイドリングのように
意識的な活動をして「いない」時に働くベースライン活動です。
つまり、ぼーとして何もしていなくても脳はどんどん疲れていくということです。

マインドフルネスというテクニックを使った瞑想により
このDMNの活動を抑えることで無駄な脳の消費をなくし
しっかりと休息することができるという理屈になります。

また、脳には可塑性があり、活用状況によって形が代わります。
それにより、疲れを単に回復させるというだけではなく
疲れづらい脳に変化させる(鍛える)ことも可能なんだとか。

脳をしっかり休息して回復させたり、
無駄なエネルギーを使わないよう鍛えたりは
ぜひ欲しい機能なので、マインドフルネスをぜひ実践してみたくなりました。

この本にも実践方法は書いてあるものの
そのボリュームは薄く、紹介程度なので
習慣付けるための実践本としては別の本を探そうと思います。

ただ、マインドフルネスの位置づけみたいなものがよくわかったので
先にこの本を読めて良かったです。

マインドフルネスに興味のある方はぜひ読んでもらって、
実践ノウハウを共有しましょう。

Posted by & filed under ビジネス.

今年最後のブログです。

先日、知人が1年の振り返りイベントを企画していました。
この記事をベースにしたものとのこと。

40人のビジネスパーソンが絶賛した「1年の振り返り」完全マニュアル | 未来を変えるプロジェクト by DODA

1枚のシートに1年の総まとめをビジュアルでまとめ、
それをベースに4人1組でやりとりするんだそうです。

興味はあったものの時間が取れず参加はしませんでしたが
面白そうだったので自分だけではやってみました。

元々、毎月振り返りの作業はやっていて
その結果をまとめているので
1年の振り返りはそれを見るだけですぐできました。

今年は春と秋に大きな波があり
忙しさに肉体的にも精神的にも疲弊してましたが
過ぎてしまえば良い想い出です。

色々と切り替えの年でもあったので
来年はそれをベースにして目指すところに向かっていきます。

ざっくりとでも、1年の振り返りをするのはいいですね。
オススメなので、ぜひ時間をとってやってみてください。
ではよいお年を!

Posted by & filed under 秘密基地.

秘密基地に作っている物置用の山小屋作りですが
入り口部分がぽっかり開いている状態でした。

ということで冬対策の最後の工程、
ドア作りをやってきました。

ドアの枠を作った上で丁番を付けるのですが
付けるところ両方に掘り込みを入れる必要がありちょっと難易度が高いです。

ノミとハンマーを使いながらなんとか掘った上で
枠を組み、丁番を固定します。

当然そのままで上手いことにはならないので
当てはめた後で枠のサイズを現場合わせで調整などして
なんとかドアとしてぴったり閉まるようにできました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-25-12-56-35

小屋作りとしては完成にはまだまだですが、
ブルーシートで覆って冬を越せる(と思う)状態にまでは
なんとか仕上がりました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-25-10-32-59

続きは来年、雪解けの後で
屋根周りと壁の見た目をかっこよく仕上げていきます。

雪が降らないでいてくれたおかげでなんとか間に合いました。
ひと安心です。

Posted by & filed under 勉強会.

先日の読書勉強会ハヤブクで、
人数が少なかったこともあり話が脱線しまくって
非常に楽しかったです。

その中で、経済的な不安から幸せな人生を送ることが難しいケースについて
もう少しテクノロジーが進化すれば
庭先や少しの土地で、少ない労力で野菜などが作れるミニ野菜工場ができて
経済的支配から抜け出す人が増えるかもね、という話をしていました。

その延長で、でも野菜は支出の中では少ない方であり、
住居の負担はかなり大きいよね、となりました。

そこで僕が話したのが、家も自分でなんとかできるよ、ということ。

秘密基地で小さな物置小屋を作っただけで言うのもおこがましいですが
電動工具など安価で強力なツールが多く出ていますし、
DIYで建物を作るノウハウもネットなどでもたくさんあります。

小屋作りではかなり苦労をしていますが
多くは時間の捻出が難しいわけで、
もしまとまった時間があれば同じレベルの小屋はすぐできます。

また、それにプラスでどのくらいすれば
もっと大きく、また人が暮らせるレベルの建物ができるかは
なんとなくわかるようになってきました。

もちろん大きなものはまだまだ未知数ですが
平屋の小さめな家なら、時間があればできそうという感覚です。

今から山間部が過疎化していくことが問題視されていますが
既存のコミュニティが維持できなくなった段階で
逆に若者が移住をして新しいコミュニティを作る可能性が高いと考えています。

自分たちで家を建て、食べ物を確保するという
消費経済から片足抜け出したような半自給自足のような生活。

都市部に比べて建物も食べ物も素人の作りで
不便も多いことは間違いないですが、
それでも選択肢としてそちらを選ぶ人は増えそう。

そこまでしなくても、野菜を自分で作る、
建物を自分で作るという経験をすることによる
「いざとなればなんとかなる感」を持つ人は増えそう。

そんなところから社会の閉塞感が薄れていったりするかもしれません。

Posted by & filed under 勉強会, 読書.

昨日、12月は再読月間と書きましたが
具体的に読んだ本の一つがこれ。

読書勉強会ハヤブクにもまた持っていきました。

そこで話をしたのが、ビジネスをする時に
下記3つの役割を必ず分離するという仕組み。
1人で全部できたとしても、しないというのです。

・お金を出す人
・考える人
・実行する人

スピードが上がるし、チームの強化にもなるし、
未経験のものの教育にもなるし、非常に合理的です。

ハヤブクでも「いつかやってみたいビジネスモデル」を持っている人がいて
それをネタに話が盛り上がりましたが
1人だと相当の覚悟と人生レベルでのコミットが必要ですが
分離すればだいぶハードルが下がります。

こういう仕組みというかコミュニティで
どんどんビジネスを作っていくというのは昔からやりたかったことなので
なんとか実現できる環境を作りたいです。

Posted by & filed under 読書.

最近忙しすぎてめっきりペースが落ちていますが
ビジネス書をよく読みます。

これは良い本だと思ったものはメモしてわかるようにしておき、
また読もうとするのですが
新しく読みたい本も目白押しなので普段はなかなか再読できません。

ということで、何年か前から12月は再読月間として
再読本を意図的に読むようにしています。

自分がまた読みたいと思った本なので
読むと面白いです。

実行しようと思いながらも忘れていたもの、
久々に読むと習慣レベルで実現できているものを認識するなど様々で
やはり再読は重要だと実感しています。

Posted by & filed under 秘密基地.

秘密基地に作成中の山小屋ですが、
ずっと焦っていた雪対策がなんとか間に合いました。

ブルーシートで小屋ごと包んでいるので
写真が見にくいのですが、
壁の合板に防水透湿シートを張り

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-13-13-49-08

その上から横に木材を通し、
そこに軒を支える棒を入れました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-13-16-14-19

これで雪が積もって屋根に乗っても大丈夫ではないかという
対策まではできました。
ここまでやって小屋が潰れたらもう諦めがつきます。

屋根周りや壁の見た目をキレイにするのは
来年の春になってから。

Posted by & filed under 秘密基地.

物置小屋が徐々に形になってきている秘密基地ですが
来年の春に向けて何をしていくかを検討中です。

息子と話をしていると、遊ぶ道具が欲しいということで
ブランコやハンモックなどを接続できるような
角材の木枠を作ろうかと思っています。

そんな話をしていたら、「家も欲しい」ということで
簡単に言ってくれるなぁと思いつつ調べていると
こんなのを見つけました。

アースバッグハウス – google検索
earthbag

土嚢を積み上げて家にするというもので
中東などで昔から使われている工法なんだとか。

これはさすがに住宅街ではできないでしょうし
秘密基地にはもってこいかな、と思ったり。

ただ、小屋作りで実感したのは土を集めるのは大変ということ。
山なんだから土なんていくらでもあると思いがちですが
掘ったら穴ができますし、それどうするんだということです。

それが解決できたとしても、この工法はまさに重労働の積み重ねですよね。
ひたすら土嚢を作って積み上げていくという。
土嚢ってトラック買いできたりするもんなのでしょうか。

ひとまず子供がギリ入れるくらいの
小さいのをひとつ試しに作ってみてもいいかもしれません。

Posted by & filed under 子供.

普段母親にベッタリな息子ですが
妻が体調不良だったり用事があったりという時など
僕だけで連れ出す必要がたまにあります。

そんな時はたいていドーナツを食べに行きます。
スイーツ男子の息子はたいてい喜んでついてきます。

先日も妻の大掃除をサポートするために
ドーナツを使いおびき出すことに成功。

最近はこういう時にはポケモンを使っていたので
ドーナツは久々でした。

それぞれ1個づつ頼み、
僕は仕事のメールがあって少しパソコン作業をしていたのですが
それが終わると既に1個食べ終わり、僕のまで食べ始めてました。

まぁ残したら食べようかと思っていると
そのまま2個完食。
案の定夕食を食べなくなり、僕も含めて妻に怒られました。

食べすぎたのは良くなかったですが
少し前までは1個食べるのがやっとで、
それもかなり時間がかかっていたのにスピードも量も増えたことを実感。

小さいころから同じ店にちょくちょく行っていると
定点観測みたいに比較ができて楽しいですね。
中学生くらいになったらすごい量食べるんでしょうねー。

Posted by & filed under テレビ.

クライアントさんの忘年会にお誘いいただいて
お酒を飲んでいた時の話。

以前一緒に仕事をさせていただいた部署の方と話をしていた時
「江島さん、1年くらいまえにNHKに出られていましたよね。見ましたよー」
とのこと。

しかし、全然思い当たることがなく
「いや、出ていません。似た人がいるんですかね?」
と答えました。

しかし、
「いやいや、そんなことはないです。絶対江島さんでしたよ!
 家族と見てて、一緒に仕事している人だと紹介したので覚えてます」
とのことでした。

確かに1年くらいまえはその方とかなり頻繁に会っていたので
一瞬映ったくらならまだしも、ある程度映っていた中で
見間違えるという可能性は低そう。

内容はうろ覚えとのことでしたが
NHKの夕方のニュースで、市役所みたいなところで
農業か何かをしている人にITの指導みたいなことをしてたとのこと。

実際そんなことはしていませんが、
仕事内容的にはやっていそうなので
僕の記憶のほうがおかしいのか?と。

不思議な事もあるもんですね。
ドッペルゲンガーでしょうか。
そのニュースを自分も見たという人がいたら教えてください。

Posted by & filed under 未分類.

秘密基地で使う道具をAmazonで注文しました。
だいたい、早くて翌日、ほとんどが翌々日くらいに届くので
作業日に間に合うよう早めに注文していました。

しかし、結局届かず。
おかしいな、と思い注文履歴を確認してみると
お届け日がまさかの来年になってました。

商品を改めてチェックしてみると在庫がなく
お届け予定が「1〜2ヶ月後」とのこと。

在庫があることがほとんどなので
もう確認をすることも忘れていましたが
ちゃんとチェックしておかないといけませんね。

Posted by & filed under 秘密基地.

秘密基地の土地を買ってから、
ずっと荷物置き場としてテントを置いていました。

このテントが雪に持たないだろうということで
急いで物置小屋を作っているわけですが、
床まで張り終えたことから徐々に荷物を移していました。

ようやくほとんどの荷物を移し終えて、
後は作業台を残すのみとなりました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-04-16-12-35

本当はこのテントも片付ける必要があるのですが
これを残しておくことで、
多少の雨でも作業ができるのでまだ外せません。

雪前に片付けることができるでしょうか。

Posted by & filed under 勉強会, 読書.

読書勉強会ハヤブクで
参加者の方から毎回色んな本を紹介してもらっています。

その中で、最近偶然なのか
リラックスとかストレス対策の本が
続いたことがありました。

こんな本たち。

みんながストレスを感じ、
リラックスを必要としている時代なんでしょうか。

僕も最近忙しくて
疲れが蓄積されていってしまっているのを実感しているので
上手に回復する習慣を身につけたいです。

Posted by & filed under マーケティング.

七五三で宮島に行った時に、
ご祈祷・撮影後は両家の家族で食事をしました。

予約したお店で穴子を食べましたが
宮島唯一、穴子を蒸して食べるお店なんだとか。
(信憑性不明)

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-29-13-09-21

ほとんどが炭火焼きなどの中、
蒸し穴子はさっぱりとしていて
家族にも好評でした。

名物だけど、1件だけ趣向を変えるというのはいいですね。
さっぱり穴子が欲しい人にはご指名されそうです。

ちなみに僕は脂ののったこってりの方が好きでした。

Posted by & filed under 子供.

息子5歳の七五三をしてきました。

秋に家族で宮島に遊びにいったのをきっかけに
妻が「宮島いいね」となり、七五三を厳島神社でやることに。

行くだけならいいのですが
妻も子も着物を着て(僕はスーツ)
なるべく人の少ない午前中に撮影をしてとなると段取りがかなり大変。

カメラマンさんや満潮なども踏まえて
仕事か!というくらい大変な段取りをしていましたが
おかげで無事に終えることができました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-29-8-30-05

早朝から叩き起こされ、着物で歩き回されポーズを求められた息子は
最後には「もう写真イヤ!」と完全拒否モードに入ってしまいましたが
それも含め、良い想い出になるでしょう。

Posted by & filed under ビジネス.

知人の会社役員の方と話をしていると
最近ゴルフと始めたとのこと。

その人の会社は数年前に代替わりをして
経営陣が若手にシフトしているのですが
普段は別の事業所にいるため顔を合わせる機会が会議くらいなんだとか。

そこで必要な話はできるものの、
もっとコミュニケーションが必要だということで
役員みんなでゴルフを始めたんだそうです。

仕事に加え、共通の趣味を持つというのはいいですよね。
ゴルフに一緒に行ったり、練習法などの話をすることで
仕事にもプラスがありそうだと感じました。

トップダウンでやられるとプライベートへの干渉となりそうですが
同世代による横の提案として動き出したものなら
うまくいきそうな気がします。

Posted by & filed under 秘密基地.

雪対策が佳境の山小屋作りですが
Sさんが手伝いに来てくれたおかげで
ついに周囲の壁まで張り終えました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-30-11-48-10

壁でも剛性を出す構造の建物のため
本来は屋根よりも先に壁をやるべきものだったのですが
雨対策などを考えて、先に屋根をやってしまっていました。

なんとか建物も崩壊しないウチに周囲の壁ができたので
建物全体の強度としてはこれでバッチリ、のはず。

まだ隙間だらけなのでこれらを埋めていく必要がありますが
雪対策までのゴールがようやく見えてきました。

Posted by & filed under 秘密基地.

秘密基地の山小屋、徐々にできていっています。

秘密基地で小屋を作っていることを
このブログで知ったTさんが連絡をくれ、
作業を手伝いに来てくれました。

あいにくの雨だったので
小屋を覆っているブルーシートの中に
なんとか作業エリアを確保して、内装側の床板を貼りました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-15-39-32

土台の上に構造用合板を貼り、
その上に防水透湿シートを貼るところまではやっていたので
その上に、表面が割りときれいな4mmの薄い合板を貼ります。

ただ、構造用合板を貼った時にも苦労しましたが
土台の枠が木材の歪みによりきちんと四角になっていないこともあり
ほとんどを現物合わせでカットしていくので大変でした。

内装の床板はさらに柱が立っているので、
柱を避けてカットして敷き詰めていく必要があります。

また、床下に貼っているであろう木材の上にだけビスを打ちますが
切り貼りしている中でどうしてもビスが打てないエリアが出たことが発覚。
結局、持っていない短いビスが必要ということになり作業終了。

とはいえ、床のほとんどを貼ることができたので
臨時荷物置き場として使っているテントから
だいぶ荷物が移動できるようになりました。

Posted by & filed under 子供.

息子5歳、シリアルが大好きです。

自分で皿に入れて牛乳をかけて食べますが
よく残します。

牛乳をかけてしまったら、少し時間が経つとフニャフニャになり
親も残り物を食べるのが嫌。

ということで、どうしても食べる時に小言が多くなっていました。

・入れすぎないで、食べれる分だけ入れて
・入れたんだからちゃんと食べて
・次からは少しずつ入れて

などなど。
でも改善されず、繰り返しです。

言われる方も嫌でしょうし、言う方も嫌。
ストレスでした。

そこで、仕組みとして解決することにしました。
1回分のちょうど良い量を親が容器に入れておくだけ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-24-19-54-47

最初にちょっと文句を言ったものの
受け入れて、ちょうどの量を食べるようになりました。

失敗させることも大事ですが
改善できない時には仕組みを変えるのもひとつですよね。

Posted by & filed under 秘密基地.

秘密基地の小屋作り。
骨組みができてからはどんどん進みます。

建物の強度が心配だったので
壁を張ってから屋根かなと思っていたのですが
雪が怖いので、先に屋根を張ることにしました。

そこそこ高い床の上に脚立を経て、その上に乗るのでかなりの高さ。
僕は高所恐怖症なので怖いのですが、そんなことも言ってられないのでどんどん張ります。

手伝いに来てくれたSさんと二人がかりで屋根に合板を張っていきますが
最初はいいものの、徐々に既に張った合板が邪魔になり
次の板を張りにくくなってきます。

とはいえ張った板の上に乗るのは、
本体の強度に不安がある現場ではなんとか避けたい。
ということで無理な体勢で身体を伸ばし、ギリギリでインパクトを打っていきます。

張り終えた全体の写真を撮り忘れてしまいましたが
屋根を張って、より建物っぽくなってきました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-25-13-25-04

床に張っているのは防水透湿シート。
付ける予定ではなかったのですが、
柱を立てた後で先人の技を調査すると床の構造用合板の前に張っている人を発見。

考えてみると、床も継ぎ目がスカスカなのでどんどん湿気が建物に入ってきます。
ただでさえ湿気の多い土地なので、これはまずいとこのタイミングで気づきました。

しかし、もう床合板に下に張るのは不可能なので
上に張っちゃいました。

紙のシートなのでそのままだと見た目も悪いし
ちょっとしたことでも破れてしまいそうなので、
この上にまた合板を張る必要が出てしまいました。

初めての小屋作りだと失敗だらけです。

Posted by & filed under マーケティング.

妻がいつもと違うゆずぽんを買ってきました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-19-47-33

北川村のゆずぽんという商品です。

妻は、歌を歌う二人組のゆずさんが好きで、
その中でも北川さんという人が好きなようです。
同じような人は日本にいくらかいるようです。

妻は「絶対狙ってやっている」と言ってましたが
同じ層にはウケが良さそうですし、
ファン仲間にはクチコミで広めそうな気がします。

また、ファンにとってはブランドが移りがちなゆずぽんという消耗品が
代替できない必須品になり、使っている時にトキメクという
付加価値もちゃんと提供できていそう。

わざわざネットで取り寄せるとかも発生する可能性はあります。
狙ってやっているのかはわかりませんが、
これは上手いなと思いました。

Posted by & filed under 秘密基地.

秘密基地で作業をした帰り道。
次の作業用の資材を購入して運んでおこうと、
以前やったようにホームセンターで大量購入をしてトラックを借りました。

秘密基地はそこからすぐなので
帰り際のちょっとした用事程度の気分でいたのですが
大きな罠が待っていました。

舗装された道路までは良かったものの
山道の土道路のエリアに入ったところで車がストップ。

その日は、その前までずっと雨が降っていたのですが
土の道路がぬかるんでいて
そこにハマってしまいました。

幸い、秘密基地までは歩いていける距離だったので
そこから布や木材、砂利などを運んできては
タイヤの下に詰めてみます。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-16-35-14

最初のころは良いネタになるな、くらいの気楽さで
写真を撮ったりしていたのですが
何をやっても脱出できずに徐々に焦ってきます。

トラックは1時間で返却しなきゃいけないし、
資材は山積みだし、日は落ちてどんどん暗くなってきます。

かなり焦って、泥だらけになって必死に色々と試みるも
全く効果はなく、それどころか微妙に動いているウチに
徐々に横に流されていき自体は悪化する一方です。

結局自力での脱出を諦め、
夜分にも関わらず近所の人に助けを求めて
車で引っ張ってもらいました。

しかしそれでも脱出できず、
逆にタイヤが溝に落ちてしまいました。

そうしている中でさらに他のご近所の方が
助けに入ってきてくださり、
押したり引いたり乗ったり色々チャレンジした結果なんとか脱出成功。

もう荷物を運ぶことは不可能な状態だったのですが
家においといていいよ、とありがたいお言葉もいただき
資材を置かせてもらい、トラックを返し、無事に生きて帰宅できました。

帰ってすぐに脱出用の道具を購入しました。

さらには脱出方法の調査も。

この時に気づいたのですが、
実際にぬかるみにハマって動けない時に
「ネットで脱出方法を探そう」という考えが一切思い浮かびませんでした。

スマホもあるし、電池もあるし、電波も入るのに。
普段ネットをよく使っている方だと思いますが
パニックになると飛んじゃうんですね。完全に冷静さを欠いていました。

ちなみにいいなと思ったのは
タイヤの下ではなく、タイヤそのものに板をくっつけるこの方法。

やってみることはできませんでしたが
道具さえあればイケそうな気がします。

横滑りをしてた片側には崖もあり、
ギリギリの所を攻めざるを得ない時には
落ちたら死ぬかもな、と久々に死を意識しました。

思えば10代、20代のころは「死ぬかも」と思ったことが
ちょくちょくありましたが、30代になってから全然ありませんでした。

人間いつ死ぬかわかりませんよね。
今をちゃんと生きよう。
行きて帰れた自宅で、色んなものに感謝しながらそんなことを考えてました。

Posted by & filed under 読書.

この本から。

再読です。

発売が2013年の12月。
かなり売れたので読んだ方も多いかもしれません。
僕の2014年のベスト本でした。

その時は人から借りて読んだのですが、
その前に図書館に予約していたものが届いての再読です。
予約してから2年以上かかったわけですね。

せっかくなので読み返しましたが
2年前に読んだこの本からは
自分がかなり影響を受けていることを認識しました。

例えば、「課題の分離」という部分でいうと
自分ができることはやるべきだけど、
相手がどう思うかは自分の問題ではないので悩んだり気にする必要はない、というもの。

この考え方を知ってからはなるべく実践するようにしていますが
いろんなことをやるのが非常に楽になりました。
自分がどうしようもない部分に無駄なエネルギーを使わなくなったので。

逆に、読書後はやろうと思ったのに
できていないことも再認識です。
例えば共同体感覚などは全然です。

すっかり忘れていましたが、この本のオーディオブックを買っていたので
車で移動中などに改めて聞くようにしています。

人気の本は図書館で予約すると
忘れた頃に届いて再読できるのでいいですね。

Posted by & filed under インバウンド.

このニュースから。

Airbnbが宿泊に続く新サービス「トリップ」発表 体験や趣味をシェアする時代へ | Fashionsnap.com

部屋貸しマッチングのAirbnbが
得意のマッチングを体験にも広げてくるようです。

ノウハウ、技術、資本、既存サービスとの相性など
この分野に来るには考えうる最強のプレイヤーではないでしょうか。

体験マッチングサービスはいくつかありますが
全部持ってってスタンダードになる可能性もありますね。

そうなると、民泊ビジネスがみんなAirbnbを使っているように
体験ビジネスもみんなこのサービスをインフラとして使うようになるかも。
そうなった時にどう戦っていくかを考える必要がありますね。

Posted by & filed under ニュース.

このニュースから。

カルビーがオープンイノベーションで100億円目指す – 日経トレンディネット

商品開発を社内で完結させるのではなく
外部も巻き込んでやるということのために
専用の施設を作ったんだとか。すごい。

広島駅の南側にできた超高層ビルですね。
内装もオシャレで、場所としてだけでも行ってみたくなります。

最近、他の大企業の方と話をした時にも聞きましたが
やはり企画段階で社外の人間に協力を依頼したんだとか。

商品やサービスの企画開発となると、
社内で育てた専門家だけでは高品質商品はできても
新しい価値を提供するようなイノベーティブなものは生まれにくいということでしょうか。

ネットの発達で情報のやり取りが社外であってもかなり簡易になってきているので
ますます社外との協業は増えていくでしょうね。

僕も今参加しているプロジェクトがありますが
複数の会社の人間が集まってチームになっています。

定期的に会うということはやはり重要ですが
それ以外ではオンラインのコミュニケーションも充実しているので
この形でも仕事は進むし、コラボレーションしやすい時代だなと実感しています。

Posted by & filed under 秘密基地.

雪が降るまでに最低限屋根が必要な秘密基地の山小屋ですが
土台ができたところからは急速に出来上がってきます。

土台の上に板を貼って床の完成。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-17-8-56-53

ぷらんぷらんして心配になる柱を立てて、

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-17-10-47-34

屋根周りの木材も組み立ててれば
かなり建物になってきました!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-17-13-54-09

2×4工法という壁でも剛性を出すやり方なので
柱は細いしまだ弱い建物ですが
今から壁周りを補強していきます。

元々アメリカ発の小屋キットを使っているのですが
日本の雨、湿気などに対応した建物になっていないので
ここから多少のカスタマイズが必要。

とはいえここまで形が出てくると
だいぶやる気が出てきます。

なんとか雪までに間に合わせます。

Posted by & filed under 秘密基地.

秘密基地の小屋作りですが
ようやく土台ができたということで
今から建物部分をどんどん作っていきます。

そうなると大量の材料が必要になります。
今まではホームセンターでコツコツ購入して
自分の車で運んでいました。

しかし、長い木材や大きな合板などを運ぶのは
シートを倒したり覆ったりと大変。

時間もないし、一気に買って一気に運ぼうということで
近くのホームセンターでまとめ買いして
トラックを借りて運び込みました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-10-15-54-57

人生初トラックです。
ドキドキしながら運転しましたが
無事に資材を運び、トラック返却。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-10-16-12-34

大量だったので、一気にやって正解でした。
これを加工して組み立てていきます。

Posted by & filed under インバウンド.

インバウンドの調査過程で発見。

AirBnBのようなマッチング系として
ツアーマッチングのvoyaginというものがありました。

現地の人と交流できるユニークなツアーを探せるサイト

voyagin

アジア各都市でのツアーマッチングをポジションとした
東京初のスタートアップのようで
ニュースによると2015年に楽天に買収されているようです。

日本での対象都市は
東京、京都、大坂、沖縄、神戸、秋葉原。

秋葉原だけ別扱いなのは
ターゲットが分かれるんでしょうね。

体験系のツアーを探せるものも多数出てますね。
ターゲティングとそこへのリーチをしっかり考えないと
埋もれちゃいますね。

Posted by & filed under 子供, 秘密基地.

小屋作りが急務のため
作業をしてばっかりの秘密基地ですが
たまには家族でのんびりと、ということで焼き芋してきました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-05-17-19-47 %e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-05-17-19-51

焚火もコツが必要でなかなか難しいですが
子供には火の扱いを教えておきたいので
大事な機会です。

しかし、山はもう寒いです。
焚火で温まりながら美味しい焼き芋を食べました。

Posted by & filed under マーケティング.

家族で外出している時に、
時間がないので急いで食事をとろうとなった時に
近くにあったカレーのココイチに入りました。

家族で来たのは初めてで
ひとりでも数年ぶりだったかと。

お客さんが少ない時間帯でしたが
子供の残り物を新しいのに詰めなおしてくれたりするなど
サービスはすばらしいなと思いました。

ここで思ったのが、
チェーンとしてのココイチのポジショニングです。

最近サイゼリヤの本を2冊読んだこともあり、
チェーンの規模を大きくすることで
安価に商品を届ける方向に向かうというのが一つの道だと頭にありました。

しかし、ココイチはチェーンではありますが
安価にする方向にはなっていませんよね。
場合によっては個人店などより高価格帯かも。

かといって、高級志向というわけでもありません。
どちらかに寄った極端なものではなく
何か絶妙のところを狙っているポジショニングだと感じました。

ネットで調べてみると、ココイチはフランチャイズ店が多く、
本部有利になりがちなフランチャイズモデルにおいても
加盟店ともトラブルが少なく、良好な関係で運営しているようです。

サイゼリヤの安価路線には生産性を突き詰める尋常でない努力がありますし
高級路線だとブランディングなどにもかなりコストがかかるでしょう。
そのどちらでもなく、運営者も含めて地域に根づくちょうどの所を狙っていそうです。

事実、ネットで調べると「高い!」という意見が多く、安価さを求める人は行かないでしょう。
また、味への不満をいっている人も多く、すごく美味しいカレーを食べたい人も行かないでしょう。
そうではなく、普通に美味しいカレーをそこそこの値段で食べたい人というのをターゲティングしていそう。

一見なんでもないことですが、ここは狙いにくい層です。
極端な方が方向性がはっきりするのでやりやすい。

過去に創業者の本を読んだことがありますが
お客様に喜んでもらうことを重視していました。

極端なものを求める顧客を対象外とし、
ボリュームゾーンであるいわゆる普通のお客さまに対応することを突き詰めた結果が
今の状況にあるのかもしれません。

Posted by & filed under 秘密基地.

秘密基地に作っている物置小屋。

ついに、ついに、
土台が完成しました!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-10-11-49-38

なんか建物っぽくなってないでしょうか?
ここまで気が遠くなるほど長かったです。
整地はもうしたくない。

ざっと地面を水平にした後でも、
この土台を組むのは大変でした。

沓石を水平になるよう配置したのはいいものの
土台となる角材ががっつり曲がっていて、全然合いません。
曲げようにもさすがに90角は両端に人が乗ってもびくともせず、諦めることに。

とりあえず全体がなるべく水平になるよう妥協点を探しながら
「まぁ物置なので」を合言葉に
あれこれ考えて、なんとか納得できる形になりました。

片付け前に撮影した写真で
中央に荷物が乗ってしまっていますが、
最終的にはこんな感じに。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-10-14-44-58

木材はまっすぐじゃない、というのは
情報収集の過程でよく目にしていましたが
実際に目の当たりにするとかなり苦労しました。

土台には防腐木材というものを使ったのですが
同じ用途で使うサーモウッドというのもホームセンターで見かけて
それは歪みが少ないとありました。

1度作ってみても整地、土台作りには
まだ正解が見えませんが
次の建物を作る時にはなんとかちゃんと作れるノウハウを勉強したいです。

Posted by & filed under 読書.

この本から。

チェックしているビジネス書の書評サイトで
ちょくちょく名前が出てくるので読んでみた本です。

経営者の父が、息子にあてた手紙をまとめて本にしたもので
息子が17歳の時からはじまり、20年近くにわたり
人生の節目節目でしたためた手紙です。

ビジネスマンとしての心構えや
若さゆえの暴走を諌める内容だったり、
良い人生を送るための親として、人生の先輩としてのアドバイスなどなど。

父親目線でビジネスを語り、それとなく教えを授けるといった内容で
息子を持つ父としては考えさせられることが多くありました。

どんな分野にしても、学校教育とは別の教育として
親が長い時間をかけて身につけた技術や知識や知恵、教訓などは
子供に引き継いだほうが良いと考えています。

そういう意味でもとても参考になる本でしたし、
この息子さんは幸せ者だなーと
羨ましくもなる本でした。

Posted by & filed under IT仕事術, インバウンド.

人の家を借りて泊まるAirBnB、
人の車で移動するUberのように
ウェブのマッチングサービスで個人間の資源取引が活発化しています。

そして、ついに「食事」にも及んできました。

あの人の料理を食べに行こう 料理をつくる人と食べる人をつなぐマッチングサイト – KitchHike

キッチハイクなのでキッチンとヒッチハイクをもじったようなものでしょうか。
個人が作った料理を食べに行くマッチングサービスです。

まだ規模は小さく東京を中心にいくつか、くらいのようで
中四国地方は残念ながら該当なしでした。

kitchhike

しかし、非常に面白そう。

前述のAirBnBを使って、海外に行った時に何度か
現地在住の人の部屋を借りました。

そして、部屋で寝るだけではなく料理も結構します。
それが非常に楽しかったのです。

現地のスーパーに行って珍しい食材を買ってみて
よくわからないまま調理してみるのも楽しいし、
現地の人に普通の人が作る家庭料理をふるまってもらうのも楽しかったです。

ただ、見知らぬ人の家に泊まる/見知らぬ人を泊める、というのは
そこそこハードルが高いとは思います。

そこで、食事部分を切り取るというのはだいぶハードルが下がりますし、
すごく楽しい部分でもあるので良さそうです。

英語対応もしているし、
日本人が他国の料理を食べたり、他国の人が日本の料理を食べたりと
インバウンドも意識してそうな作りです。

関わっているインバウンドの案件でも
料理を通じてコミュニケーションがとれたらすごく楽しそうなので
準備ができたら使ってみたいです。

Posted by & filed under IT豆知識.

家での時間ができたりして
急に「映画見たい!」となった時、どうします?

レンタルショップに行くのは面倒だし、
DVDを送ってくれるサービスも便利ですがすぐには無理。
定額制の映画サービスも多数ありますが、そんなには見ない。

そんな時にはYoutube。

youtubemovie

最近知ったんですが、
有料での映画レンタルをYoutubeでやってるんですね。
200円〜400円くらいが多いみたいです。

それほどラインナップは多くはなさそうですが
ちょっと見たい、くらいの需要には充分そうです。

Posted by & filed under マーケティング.

息子の誕生日にケーキを注文しました。

近所のケーキ屋さんがやっているサービスに
どんなものでもケーキにプリントできるというものがあります。

息子と相談した結果、
今大好きになっているポケモンGoで
好きなポケモンをプリントしてもらうことに。

pokemoncake

これだと絵がシンプルでわかりにくいかもしれませんが
写真などでもプリントしてもらえるそうです。

プリントされている部分を食べてみたら
砂糖的なものでネッチョリした感じ。
こういう食べれるプリントをできる機械があるんですね。

プレゼントとは相性が良いと思うので
こういうサービスをやっているお店が一部だけだと差別化要因になります。

画像ということだとデジタル、オンラインでも色々できるので
何かの時に使えそうです。
勉強になりました。

Posted by & filed under 子供.

先日、息子が5歳の誕生日を迎えました。
プレゼントは何がいいか、妻と相談した結果
パソコンをあげようということに。

とはいえ、普通のパソコンではなく
手のひらサイズの超小型のパソコンです。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-03-7-20-46

ラズベリーパイという小型コンピューターで
元々は教育用として安価に作られたものですが
性能も良いし、工夫次第で活用方がたくさんあると機械好きの人に人気のものです。

今回買ったのはRaspberry Pi3 Model Bというもので最近出たやつ。
WiFiやBluetoothが標準でついています。
マウス、キーボードは自分で準備。モニタはパソコンのモニタでもいいし、ウチはTVを使うことに。

小さな箱の中に、さらに紙袋に入ってて、ちょっとした紅茶の袋のようです。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-02-22-05-49

最初は遊ぶところから、ということで
何か幼児でも楽しめるものを入れなきゃなと思っていたら
そこは教育用コンピューター、最初から無料のマインクラフトが入っていました。

マインクラフトは教育用としても人気の高いゲームで
ブロックを壊したり積んだりする単純な3Dゲームなのですが
世界中で人気があります。

とはいえバージョンのせいか、20年くらいまえのゲームっぽいガタガタのビジュアルで、
使い方もキーボードのWが前へ進む、Sが後ろに進む、といったわかりにくい仕組み。

これで遊ぶにはまだ早いかなーと思いつつ使わせてみると
夢中になってブロックを積んだり壊したりします。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-03-14-47-06 %e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-03-17-18-09

最初は不慣れだったマウスもあっという間に上達。
キーボードの使い方もすぐに慣れてきて
3Dの世界をスムーズに行き来できるようになってきました。

子どもの吸収力はすごいですね。
驚くばかりです。

このマインクラフトはプログラミングも学習できるようになっていて、
普通にゲームで遊ぶのに慣れて、飽きてきたら
今度はそのゲーム内で自分でプログラムしたものを動かせるんだとか。

慣れ親しんだゲームの延長線上でプログラミングも
遊びとして学習できるという流れですね。
買ってから知りましたが、よく出来ています。

プログラミングをするのはまだ先になると思いますが
ひとまず「自分のパソコン」をすごく気に入っているようなので
プレゼントとしては良かったかなと思っています。

Posted by & filed under マーケティング.

先日、イベントでやっていた
ジュウオウジャー(戦隊モノ)のショーを見に行きました。
息子が大ファンなのです。

そもそもが小さい子向けの番組なので
ショーもそういう構成ではありますが
ゴツい悪者が出ると子どもはしっかりと怖がりますね。

脱出しようとする息子を説得しながら
なんとか見終わりました。

ここでは、「撮影は可」だけど
「ネットにアップはダメ」というルールでした。

子どもがまた見て楽しむということはあるので
撮影していいのは嬉しいですね。

ネットにアップはダメ、というのは
何度も繰り返し注意事項として案内していたので
これをやられるとネタバレして成り立たなくなるということなんでしょうね。

息子がYoutubeでアン◯ンマンのショーを見ていた時期がありましたが
あんなことになったら困るということでしょう。

時間的制約もあって難しいかもしれませんが
「このコーナーはアップしてもいいよ」みたいなところがあると
クチコミ誘発として役にたつんでしょうけどね。

そういえば夏休みに海水浴場でみた
大道芸人の方がいましたが、
その方は

「撮影してください。
 そして、FacebookとかTwitterとかには
 絶対に・・・投稿してください!名前付きで!」

としっかり宣伝してました。
クチコミ大事ですよね。

Posted by & filed under 読書.

先週に引き続き、別のサイゼリヤ本を読んでいました。

こちらは創業者の方が書いた本。
印象に残ったのは創業期の話です。

深夜遅くまで飲食の仕事をしていたのに
朝イチには食材の仕入れ業者の倉庫に行って
仕入れをしていたんだとか。

それができた理由は、
お店が終わった後でそのまま業者の倉庫に行き、
車の中で寝ていたから、とのことです。

そしてそんな生活をしながら
初年度は休みは年に1日。
2年目は休みが2日になり、倍増!とみんなで喜んでいたそうです。

いやー、すさまじいです。
とても真似出来ないなと思いました。

そして、自分がそんな経験をしてきているにも関わらず
自社の従業員にはそういったことは求めず、
現場には生産性を高めるために徹底的に無駄を省き、
疲れずに仕事をしてまた翌日元気に働けるような環境を作っているとのことです。

自分の若い頃を正当化すると同じことを部下にも求め
ブラック企業化する会社も多そうですが
そうならないというのはすごいと思います。

サイゼリヤのミラノ風ドリアが
また食べたくなりました。
(まだ行ってない)

Posted by & filed under 日常.

カフェインに弱く、夜寝れなくなるタイプです。

朝は毎日コーヒーを飲みますが、
飲むのは昼食後くらいまでで
それ以降は飲まないようにしています。

ただ、カフェで打ち合わせなどすることもあり
その時の注文に苦労していました。
カフェインゼロじゃないけど少なめのココアを頼んだり。

先日、ふと思いついてデカフェ(カフェインレス)がないか
タリーズで聞いてみた所、「ありますよ」とのこと。

お店のデカフェの豆を挽いて
コーヒープレスに入れた状態で席まで持ってきてくれました。

あるもんだなと思い、次の機会にスタバでも聞いてみると
同様にありますよ、とのことでこちらもOK。
コーヒープレスぽかったですが、スタバはマグカップに入った状態で持ってきてくれました。

カフェメニューには載っていないと思いますが
対応してくれるんですね。

今度から午後のカフェでも
気兼ねなくコーヒーを飲むことができます。